主婦湿疹で困ったら

主婦湿疹のかゆみの辛さ

主婦湿疹は主婦の方に多く見られる症状ですが、実際に主婦湿疹に悩まされている方の声を今回は紹介していきます。

 

主婦湿疹と聞くと、大したことがないように思えるかもしれませんが、一度主婦湿疹を患ってしまうと完治までに非常に長い期間を要しますので、主婦湿疹を患っている当人にとっては大したことではないでは済まされない問題なのです。

 

主婦湿疹は大気が乾燥しやすい時期にかかりやすいように思えますが、実は年中かかる可能性があります。暑い夏でも寒い冬でも、対策をしていなければ簡単に主婦湿疹になってしまうので、ハンドケアは普段から怠らないようにしなくてはなりません。

 

今回は暑い時期に主婦湿疹を患っている人で、ジュクジュクした状態やかゆみがなかなか治らずに、主婦湿疹が悪化してしまった主婦の例を紹介します。

 

「洗濯や食器洗いは毎日こなさなくてはなりません。このような家事をした後は必ず肌のジュクジュクした感じがひどくなり、痛々しい見た目であるがゆえに周りの人にいつも手について聞かれることが嫌でした。暑くなってくると主婦湿疹の症状が出ている患部がとてもかゆくなり、掻きむしりたくなりました。それでも掻くと症状が悪化すると思い、ずっと我慢し続けていましたが、とても大変でした。長袖の服を着て、手が刺激を受けないようにすることもしばしばありました。しかし症状が一向に良くならず、症状は良くなりませんでした。皮膚科専門医を受診して、処方されたステロイドを使用していましたので、一時は症状が抑制されたのですが、寝る時になると意識がかゆみに行ってしまい、どうしても我慢する事ができずに患部を掻いてしまい、患部がジュクジュクしてしまって大変でした。患部に雑菌が入り込んでしまって主婦湿疹の症状が悪くなるので、絶対に掻くわけにはいかないとはわかっていたのですが、どうしても我慢する事ができませんでした。しかし、掻いた後はやはり症状が悪化してしまい、後悔の嵐でした。

 

ステロイドを使用し始めてからは、皮がむけてしまうようになり、皮膚が薄くなりました。ターンオーバーも正常に働かなくなりました。

 

掻かないようにしようと思っていても、寝ている間は無意識ですから、勝手に掻いてしまっている時もあって、なかなか完治しませんでした。手袋を付けて寝ると良いとは分かっていたのですが、暑いですし、刺激があったので続けることができませんでした。

 

どうしても暑さが気になる夜にはエアコンを付けて寝るようにすると、かなり寝付きが良くなりました。タイマーをかけていればそれほど負担にはなりませんし、段々とかゆみやジュクジュクとした状態が治って来ました。それでも2年ほどかかったので、本当に辛くて大変な日々でした。」
とのことです。体験した方にしかわからない辛さが主婦湿疹にはあるようです。皆さんも主婦湿疹になってしまわないために、日頃から丁寧に保湿クリームなどでハンドケアを行うようにしましょう。
≫主婦湿疹手湿疹と病院で言われたら