主婦湿疹で困ったら

主婦湿疹の症状と対処法

皆さんは手が荒れた経験がありますか。それも1日や2日で完治するタイプのものではなく、かゆみを伴ったり、指先が割れて出血してしまうような、なかなか治らないタイプの手湿疹と呼ばれるものです。手湿疹は主婦が多く患っていることから主婦湿疹とも呼ばれています。手は年齢が出やすいところですし、女性にとっては手肌が荒れてしまうことは深刻な問題ですよね。

 

女性は顔のスキンケアには非常に力を入れている人が多く、クレンジングや洗顔料、化粧水や乳液など様々な化粧品を使用していますよね。しかし、顔以上に手というのは毎日絶え間なく色々な物に触れていますし、主婦の方は毎日のように炊事洗濯といった水を使った家事をしなくてはなりませんので、想像以上に手は刺激を受けてしまいやすくなっており、十分なハンドケアが必要だと言えるでしょう。

 

特に冬場は水が冷たいからと言って、つい食器を洗う時や顔を洗う時にお湯を使ってしまいがちですが、お湯は手に必要な脂質を必要以上に奪ってしまうので、ひどく乾燥してしまい、皮膚が持つバリア機能が衰えることで手湿疹になってしまいます。手は元々うるおいや油分が少ない場所なので、少し乾燥しただけでも刺激を受けやすくなり、炎症を起こしてしまうわけです。特にアレルギー体質やアトピー体質の人は、ほんのわずかな刺激を受けただけであっても手湿疹の症状が急激に悪化する心配がありますので十分気を付けるようにしてください。

 

主婦湿疹になると、とにかく手の乾燥がひどくなり、指先を中心にあかぎれが起こったり、関節あたりにひびが入って出血したり、水疱ができたりするなど、色々な症状が現れます。

 

また、手湿疹に大敵なのは水やお湯だけではなく、毎日使用する食器用洗剤や洗濯用洗剤、洗顔料やシャンプーなどでも手湿疹を誘発してしまいます。これらのものに特に刺激を与えやすい成分が含まれていると、手湿疹の症状がどんどん悪くなっていってしまいますので、既に手湿疹を患っている人や、元々手肌が弱い人は、洗剤を購入する時に必ず成分を確認するようにしましょう。

 

手に優しい成分を配合した洗剤を探すのも1つの手ですが、根本的に洗剤や水に直接触れないという方法が1番おすすめです。しっかりとハンドクリームで手を保湿して、その上からビニール手袋を着用して家事を行うようにすれば、手肌を保護するだけではなく、ただハンドクリームを塗った時よりも保湿効果が高まり、しっとりすべすべになるでしょう。

 

ただし、症状の重い手湿疹の場合はそれだけでは完治するまでにかなり時間がかかってしまう場合もありますので、根気良くハンドケアをする必要があります。もちろん体質によっても症状の出方や治り方が異なりますので、あまりにも症状がひどい場合には皮膚科専門医に相談するようにしましょう。自己判断でむやみやたらに市販薬を使っていたら、症状が悪化してしまったという例もありますので、ただの手荒れだと甘く考えずに、しっかりと皮膚科専門医の診察を受けることをおすすめします。