主婦湿疹で困ったら

手肌にやさしい無添加石鹸

合成洗剤は食器の油汚れや衣類の汚れを綺麗に浮かせて取り除いてくれる一方で、手肌に非常に刺激が強く、大きなダメージを与えてしまいがちです。ですから、主婦湿疹に悩んでいる人は、これまで使用していた合成洗剤を使うのを止めるだけで症状が改善していくこともあるようです。ぜひ合成洗剤を使うのを止めて、無添加石鹸を使うようにしてみてください。

 

それでは合成洗剤と石鹸は何が違うのでしょうか。石鹸は植物性あるいは動物性の油で、オリーブオイルや大豆油、米油といった植物性のものだけでなく、ラードや牛脂といった動物性のものも使われているものもあります。

 

ですから、ぜひ合成洗剤や石鹸を選ぶ時には成分について気を回してみると良いでしょう。原材料をしっかり確認して、できれば無添加のものを選ぶと良いでしょう。

 

石鹸には実は2種類あります。1つは苛性ソーダ由来のもので、もう1つは脂肪酸カリウム由来のものです。苛性ソーダのものは固形タイプや粉タイプのもので、脂肪酸カリウムのものは液体石鹸です。合成洗剤には粉末・固形・液体タイプがあり、合成界面活性剤という刺激の強いものが配合されています。

 

当然ながら、合成洗剤や石鹸を選ぶ時には自分の肌に合うタイプのもので、手肌に優しく、主婦湿疹を悪化させないものを選ぶ事が大切ですが、地球に優しい成分を配合しているものを選ぶ事も忘れないようにしたいところです。手にも環境にも配慮できる人になれたら素敵ですよね。