主婦湿疹で困ったら

ステロイドによる主婦湿疹治療

主婦湿疹に関する治療の手段は様々ですが、今回はある主婦のステロイドを用いた主婦湿疹の治療の体験談をご紹介します。ステロイドは皮膚の炎症などの症状を抑えるために用いられるものですが、副作用が起こることがあるとして、使用に際して抵抗を持っている人も少なくありません。ただ、今回の主婦の方は、詳しいことを知らずに長期に渡ってステロイドを使用していたようです。

 

「口唇炎を患ってから、皮膚科専門医を受診するようになり、そこで処方されたステロイドを2年ほど使ってきました。主婦湿疹を患った時にもやはりステロイドを出されたのですが、ステロイドを使用していてもなかなか症状が改善されませんでした。それどころか悪循環と言った方が良いかもしれません。主婦湿疹の症状が気になったらステロイドを塗り、それでも症状が改善されなければ、さらに強いステロイドを使用する事で炎症を抑える手段を取っていました。

 

ステロイドというのは多くの人が副作用を気にするように、長期に渡って使用することは良くないようです。短期間のみ用いる場合は大きな問題はありませんが、皮膚科専門医からは特に注意もされていませんでしたので、次々と新しいステロイド外用薬を使用していました。

 

皮膚科専門医では同時に漢方薬も処方されていたので、一緒に使う事ですぐに主婦湿疹が治ると思っていました。しかし、いつまでたっても一向に症状が良くならないので焦りが募って来てしまいました。この時点で既に2年は経過していました。

 

どうもおかしいと思い、インターネットを使ってステロイドと主婦湿疹について調べたところ、ステロイドは強さに応じて5段階に分けられていることを知りました。ごく軽いものからかなり強いものまであるようなのですが、初めは弱いものが処方されていて、私があまり効かないと言ったからなのか、徐々に強いものが処方されていました。

 

今ではすっかりステロイドが肌に慣れていて、弱いものでは全く効きません。今は強いものを使っているのですが、主婦湿疹の症状は相変わらず良くなりませんし、ステロイドのことを詳しく調べてしまったが為に使用するのが躊躇われ、ステロイドを使わずに治したいという気持ちが募っています。」
という体験談があります。