主婦湿疹で困ったら

自宅でできる主婦湿疹のケア

主婦湿疹にかかると手ががさがさしますし、かゆみもあるので辛いですよね。そんな主婦湿疹を自宅にいながらケアする方法を紹介します。

 

手は毎日のように絶えず何かに触れているものです。手を洗ったり、物に触ったり、休む暇もないくらい酷使されているので、日頃から手をいたわってあげたいですね。

 

一度主婦湿疹になってしまうと、完治までに非常に長い期間がかかってしまうそうです。あまりにもひどい状態であれば医師の診察を受けて治療してもらう必要もありますが、自宅でもできる限り、自分でケアしていくことが治りを早くするポイントです。

 

とにかく最も大切なのは、手を乾燥から守ることと保湿対策を徹底することではないでしょうか。特に主婦の方は毎日家事をする中で、水に触れる機会も多いですし、主婦湿疹を患ったことを理由に一切の家事を放棄することができないので大変です。

 

主婦の方は水仕事をする際に、直接水に触れて手の大切な皮脂が剥がれ落ちてしまわないように、しっかりと保湿力の高いハンドクリームやワセリンを塗ってビニール製の手袋をすると良いでしょう。手袋をしなくても、顔を洗ったり、入浴したり、炊事や洗濯などの水仕事をした後にはすぐにハンドクリームを塗るようにすることが大切です。

 

まだ主婦湿疹になっていない人でも油断は禁物です。ある日突然乾燥が始まることも考えられますし、日頃使っている洗顔料や洗剤などの刺激や物に触った時の摩擦などでも主婦湿疹になってしまいますので、普段から注意しておく必要があります。紙を触ったり、布団を片付けたりするだけでも手が刺激を受けて主婦湿疹が悪化することもありますので、気を付けましょう。

 

また、自宅にいる時だけではなく、外出時にも乾燥対策は必要です。手を洗ったらすぐに塗れるようにポーチやバッグに入れて持ち歩くことをおすすめします。

 

ハンドクリームは実に色々な種類のものが売られていますが、中には刺激の強い成分が含まれている商品もありますので、元々肌の弱いアトピーやアレルギー体質の方や敏感肌の方はなるべく美容成分や植物由来成分を配合しているような刺激の少ないものを選ぶようにしましょう。自分に合ったハンドクリームを使って、気長にケアをしていれば、症状が段々と改善していくと思いますよ。