主婦湿疹で困ったら

ワセリンを使った保湿ケア

秋から冬にかけて空気が乾燥する季節になっていくと、手が乾燥してガサガサになったり、お湯を使う機会が増えて、気付いたら指がひび割れていたという経験をしたことがある人が多いと思います。寒い季節はどうしても手のうるおいが奪われがちなので、しっかりと保湿対策を行う必要があります。特に症状が重い人はワセリンを使った保湿ケアはいかがでしょうか。ワセリンは非常に安全性が高いので、副作用などを気にせず使用することができます。

 

ワセリンは古くから使われて来た軟膏であり、小さなお子さんからお年寄りに至るまで安心してお使いいただける物です。特に高齢の方が好んで使われていることが多いです。主婦湿疹の方はぜひ一度ワセリンを使ってみてはいかがでしょうか。失われた手肌のバリア機能の代わりに手肌をまもってくれます。

 

ワセリンは保湿効果の高い成分が豊富に入っており、無臭です。ドラッグストアですぐに見つけることができるでしょう。ドラッグストアで売られているワセリンの純度は中間程度であり、白色ワセリンという呼ばれ方をしています。ワセリンは純度が高ければ高いほど粘性が柔らかいので、白色ワセリンが使いやすいと思います。

 

皮膚科専門医で診察を受けて処方される塗り薬にも実はワセリンが使われていることが多いです。厳密に言うと、ワセリンを使ってステロイド剤を薄めてある塗り薬です。保湿効果は高いのですが、ワセリンは油分が多いので、ケアした後のべたべたした感触が気になる人もいるかもしれません。

 

このべたついた感じがどうしても嫌なのであれば、ハンドケアをした後で手袋をつけることをおすすめします。こうすればベタつきは気になりませんし、保湿効果も高まって、しっとりとするのでぜひお試しください。